股関節パーフェクトトレーニング

ゼロからの hip joint 発進!

深部感覚

今年から技アリ企画「東京・構造動作トレーニング教室」は第3週末に変わりました。これまでの第4週末の予定に合わせて下さっていた常連の方にはご不便をおかけしますが今後ともよろしくお願いします!!

11年前の「東京・構造動作トレーニング教室」第1回目の講座は「骨盤おこし」トレーニングでした。その「骨盤おこし」は今もアップグレードを重ねています(トライアングルベース)。そして、股割り(ロールオーバー)、足指トレーニング(牧神の蹄)、ロウギアランニング(テンポ&ビート)、所有感覚(深部感覚)などのトレーニングも充実したものとなりました。

この講座を企画して下さっている世話役の動作術・中島章夫先生には、長い目で構造動作トレーニングを育てていただき感謝しています。さらに、必要としている方達のお役に立てることができるよう精進していきたいと思います。

ラボでは、機能的肢位について検討しました。社交ダンスの中井理惠先生が月刊「ダンスビュウ」にコラムを連載をしています。今月号の記事でダンスの世界チャンピオンアルーナス&カチューシャのモーショーンキャープチャー計測データをもとに理想的な身体操作を提案しているものを解説してくれました。そして、理惠先生が世界チャンピオンのダンスを体現するための姿勢の提案「解剖学的肢位と機能的肢位」をコラムに記しています。構造動作トレーニングの機能的肢位は、安定していて、強く、直ちに次の動作へ移行できる姿勢です。ダンスに限らず、人にとって自然な姿勢なのです。



足指トレーニング講座では、足の筋肉の収縮率を上げるとともに牧神の蹄を使って足指の巧緻性を高めるトレーニングをしました。足の握り込み、足関節の底背屈をするときにすねの前面の筋肉、ふくらはぎの筋肉の収縮率を確認しながらおこないましたが、ほとんどの参加者が下腿三頭筋や長趾屈筋が使えていませんでした。運動に作用する筋肉が正しく機能することが大切です。そのためには関節運動と骨のアライメントを正しい方向と位置でトレーニングを心がけてください。

牧神の蹄(足指トレーニングブロック)を使ったトレーニングでは、小指と薬指のMP関節を確実に屈曲することが大切です。そして、足のアーチ構造をキープして足関節、膝関節、股関節までをやわらかく使えるようにしていきます。積み・降ろしは、親指からでなく小指から掬い上げること。力みなく、ブロックの形にフィットさせる感覚を養ってください。


牧神の蹄≫≫≫

股割り講座では、股関節の屈曲運動から股割り動作をトレーニングしました。股関節の屈曲運動は、接地と体幹をキープすること。はじめての方は股関節屈曲運動が想像以上に難しいことを実感されたと思います。これは、股割りでも同様の股関節の動かし方をしますので、トライアングルベースを捉えて足と体幹をキープするようにします。

久しぶりに古株さんが復帰した。不幸が続き、身辺整理などで心身ともに大変だったそうで、皆とトレーニングして錆びついた身体に潤滑油が入り、モヤモヤした心がぱっと晴れたようでした。



指先から身体を整える所有感覚講座では、足の所有感覚を養い身体を整えるトレーニングをおこないました。まずは牧神の蹄に乗って身体を整えながら足のアーチ形成に集中します。そして、足指のジャンプ運動で指の末端が明確になるように接地を整えました。自分が思っている指の末端が実は中枢よりだったということがよくあります。触感だけでなく、視覚を利用して実際に目でみて確認することが大切です。

番外編

陸上競技の指導者の方とケニア(黒人)選手と日本選手のフォームや接地の違いについて話をしていたが、私自身も接地位置については実感がでてきたので、ケニア選手の走り方の理解が深まったようだ。理想的な接地位置は身体の真下になる。身体の真下に接地することによって動作の際に生じる衝撃をやわらげることができるのだ。さらにハムストリングスなどの跳躍筋が作用しやすくなり、快適な動作をおこなうことができる。

先日紹介いただいた『陸上競技チャンピオンへの道』 著パーシー・セルティの影響でロウギアランニングが楽しい。170、150、140、130テンポ、さらにビートを16分音符で身体を細分化する。そして、セルティがいう120テンポをめざしたい。

故障をする選手は、走る動作に何かしら無理がある。それが何かを探し出し、解決策を導き出すことが重要だ。それは、例えば足の機能的な問題が低下しているのに走り方のフォームや接地をアプローチしていても問題は解決しないからだ。正しい知識を持ってリハビリをおこなうことが大切です。

 

続きを読む≫ 2019/01/26 14:21:26 レポート

2019年もよろしくお願いします!

年末年始は何かとばたばたしていたが、新学期がはじまってようやく落ち着いた。2-3日は毎年恒例となった正月トレーニングで皆と新年の挨拶、足指、股関節のレベルアップに励んだ。



初日のトレーニングは、全国から集まった参加者の意見を交え「立方骨」へたどりついた。快適な動作は、接地・軸足の安定が前提にある。その際、立方骨がポイントだ。新極真空手の石原延先生指導の元、接地・軸足を安定させて前蹴りの練習をした。初参加の女性陣も奮闘していた。



2日目のトレーニングは、手根から股割りの流れで股関節を活性化させた。股関節は脚を動かす関節なので、股割りをやるときに足か体幹くらいまでしか意識が及ばないが、股関節を動かすのに手も重要なのだ。なかなか股割りで手まで考えが及ばないが、股関節が活性化していくと身体がその必要性を感じ、求めることになる。動作術の中島先生指導の元、手根で骨の支持性を確保しプッシュの練習をした。腕の位置をキープすることが難しい。



そして、また割りで股関節を活性化する。やはり腕が難しい。体幹は腕でキープするのだ。股関節は体幹がキープされると活性化する。



さらに、足でハムストリングスと内転筋の微調整をおこない股関節を滑らかに動かしていく。



今回は吉田君のマタワリブラックスのメンバーも頑張っていた。また、一緒にトレーニングしましょう!



いつものお店で昼食をとって解散。お疲れ様でした!

2019年・構造動作トレーニング合宿

12月の東京・構造動作トレーニング教室と股関節トレーニングワークショップは、所有感覚、足指、股関節トレーニングの実習を行った。

このところ末節骨のマーキングを必ずおこない所有感覚を高めるようにしている。一見、地味な作業で必要性を感じにくいが丁寧に末節骨を触察し確認することで手指の動きは軽くなり効果は高い。さらに牧神の蹄を使って接触感覚を養うことが理解しやすくなり姿勢を整えやすくなる。身体の末端は意識が薄くなりやすいポイントなので見逃さないように心がけたい。



股関節トレーニングワークショップでは、所有感覚、足指を調整してからロウギアランニングでコーディネイトしてみた。テンポは130で身体の真下に接地することに集中する。15分が経過したらビートを小刻みに刻んで上半身を細分化する。陸上の指導者の方は苦戦していたが、いろいろと気づきがあったようでよかった。

そして、陸上指導者の方から「陸上競技チャンピオンへの道」 パーシー・セルッティ 著の紹介をしていただいた。

「ゆっくりしたテンポでできることのできない選手は、その基本的な身体の動かし方が自然そのままの技術の原則に基づいていないことは明らかだ。・・・(中略)・・・1時間に2マイル程度のゆっくりした速さで走ることのできない選手は、確かに自然な走り方をしていないのであり、その欠点が原因となって将来大きい成功を収めることはまずできないだろう。」
足の接地はそうむずかしいことではないが、音をほとんど立てないように軽くあしを着けるのがよい。べたべたと音を立てて走ると足の正しい引きつけが行われず、必要以上に(エネルギー)を使って走法を下手なものにしてしまう。

この本は1960年に書かれた本で廃版になっているため、私は抜粋していただいたページしか読んでいないが、今もなお新鮮な理論に感銘をうけた。



軽く足を着ける接地から地面反力をじゅうぶんに推進力に変えるためには、下肢のアライメントが整っていなければならない。股関節のトレーニングは、下肢のアライメントを整えた状態で股関節の可動を広げていくことが重要だ。股割りトレーニングでは、背中を丸めないように力みのない姿勢を心がけ、股関節が滑らかに動く下肢のアライメントを探る。さらに股関節の切り返し(ターンオーバー)にキレを出すためには、肩を巻き込まない上肢のアライメントを探り四肢の連動を身につけていく。



個別指導では、身体の真下につま先を突き刺すポジションを探った。自分が思っている身体の真下と実際の真下に感覚のズレがある。普段の日常生活動作から見直していかなければバレエの練習だけでは難しい。

続きを読む≫ 2019/01/26 14:05:26 レポート

東京出張2日目、11月24日は朝日カルチャー新宿教室で新刊出版記念講座があった。タイトルは「指先から身体を整える」。指先から身体を整えるためのドリルを紹介した。本来は担当の編集者が同席するはずだったが諸事情で欠席。そのかわり、動作術の中島章夫先生がフォローしてくださった。

参加者は20〜80代まで幅広い。参加理由は、指の動きが鈍くなってきたから、膝や腰が痛いから、骨折後のリハビリの参考にしたいから、姿勢を整えたいから、タイトルに引かれたから、など実に様々だ。また、これまでの本の読者の方も何人か参加くださっていた。



はじまりは、チェックシートを一通り行った。編集者のアドバイスで掲載したチェックシートだが、とても取り組みやすくてよかった。そして、それぞれの項目を解説して、できなかったチェック項目をできるようにしていく流れで進めた。



今回のポイントは、「末節骨の先端を明確にすること」「手足の指プッシュをできるようにしていくこと」の2点。参加者の方は自分の指先が思っているよりも鈍くなっていることに驚かれていたが、案外、一番身近な自分のことはよくわかっていないものだ。このような機会でもなければ気づかずにすんでゆくものだろう。しかし、何かしら自分の身体の変化を感じているからこそ、現状を理解することができるのだと思う。末節骨と指プッシュが身体を整えるための入り口になるはずです。



本書の実践・リハビリトレーニングをステップ1から順に進めていくと、皆さんの動きがみるみる変化していった。しゃがむ動作や立位体前屈などは見違えるほど。身体の仕組みをしり感覚をアプローチする。筋力や体力や年齢は関係ないということなのです。



日常生活のポイントは「トライアングルベース」を捉えて身体を安定させること。腰や肩に負担をかけない姿勢で作業を行うことが大切です。そして、くつろぐときはしっかり身体をリラックスさせてください。



最後に「指先から身体を整える」というタイトルが私は少し地味かと思っていた。しかし、参加者の方から誠実なタイトルだということをいわれ安心した。実際、身体を整えるためには地道なアプローチが必要なのだ。確かにタイトルそのものなのである。



会場の窓から都庁がみえる。講座終了後は新潟から参加されていた御夫婦と意気投合し次の講座へ向かいました。



絶賛発売中! 【新刊情報】中村考宏 著『指先から身体を整える: 機能回復のための所有感覚メソッド』筋力も体力も関係ない。「末端」の感覚を高めれば身体は甦る。身体各部の骨格ポジションを整え、全身がつながりを取り戻すことで回復力の高い身体を手に入れる方法。

 

 

続きを読む≫ 2018/11/27 11:05:27 レポート

9月21日から22日は、東京・構造動作トレーニングで指先から身体を整えた。

末節骨の形を触察し先端をマーキングする。マーキングしたポイントを確認をしてみると、骨のイメージが正確な人、骨のイメージが曖昧な人、所有感覚には個人差がある。

指先を再確認する。末節骨の先端、爪側、側面、腹側に分け、指先は先端からやや腹側。手足の指先の確認できたら、手足の指プッシュを入念におこなう。手は末節骨と末節骨をつなげてプッシュ、足は指先をキープして中足骨を立てる。

動作時の足指を調整する。接地は身体の真下で衝撃をやわらげる。身体の真下に足の指先をおいてゆく。足指を使うということを、足の指に力を入れる、と誤解している人がいる。足の指を使うというのは、動作時に足の指が使える位置に接地し動作に参加することだ。

イスから立ち上がる動作。トライアングルベースを明確にし、座る、立つの動作をテンポよく行える骨格ポジションを身につける。これは、ハーフスクワット動作。さらにフルスクワット動作までできるように接地と体幹保持力を養う。

股割り動作。トライアングルベースを捉え、足指を意識する。足指は屈曲し曲げこんでおく。足指の意識が通るようになると開脚をキープが安定する。股関節の可動をステップアップするのに避けては通れない。



個別レッスンでは、つま先立ちの練習。バレエシューズを履いたつま先立ちとトウシュウーズを履いたつま先立ちの2パターンをおこなう。一流ダンサーでも十分な接地ができておらず、怪我につながるケースが多い。つま先立ちはバレエで踊るための基盤となる接地なので質を高めることが重要。

甲を出す。足首が硬くて甲がでない、と思っている人が多い。指先から身体を整えていくと足首の硬さが原因ではないことがわかる。綺麗な脚は、見た目と足の機能を満たしたものだと思う。

 

 

続きを読む≫ 2018/11/12 18:39:12 レポート

10月26〜27日は、技アリ企画「構造動作トレーニング東京教室」があった。

26日の 「Takahiro ラボ」は、腰掛け股割りで、腰が痛くなる問題の検証をした。股割りでは股関節の動きを滑らかにしたい。それが、股関節ではなく腰で動きを代償している。股関節が滑らかに動くための条件を整える。接地と体幹の位置と保持を正確におこなう事が大切。つづいて、ダンスで後傾するのを修正するためのレッスンを考えた。まずは、姿勢を調整する。壁に寄りかかって足指先に体重が乗るまで足を引き、その時のポジションを確認。 対人で手を合わせ、足指に体重が乗るポジションを作る。合わせた手の圧が変わらないよう、左右、前後に動くなど。

27日は、「所有感覚トレーニング」と「股割りトレーニング」の2コマ。所有感覚トレーニングは、末節骨の先端、末節骨粗面の接触位置の確認を行った。末節骨を覆う軟部組織の厚みは個人差がある。所有感覚が鈍くなっていると骨を覆う肉の厚みが厚く感じられ骨を確認しづらい。細目に指先を手入れすることが大切だ。股割りトレーニングは、牧神の蹄に乗って全身の調整、ブロックを使って股関節の屈曲動作を行った。所有感覚トレーニングで接地感覚が高まっている効果で股割り動作で股関節をアプローチしやすい。股関節を滑らかに動かすためには、接地と体幹の位置と保持を正確にすることが大切。

構造動作トレーニングは、トレーニングを通して運動、動作が軽く滑らかになることが目的です。何のためのトレーニング、練習なのかを明確にしておかないと、運動を潰す入力をせっせとしていることになりかねないです。



10月28日は「東京・股関節トレーニングワークショップ」と「個別指導」があった。股関節ワークショップは、陸上の指導者の方に日本人トップランナーとアフリカ人ランナーの動画を見せてもらいフォームの違いと接地の比較検証を行った。故障をする選手のリハビリにアフリカ人選手の走りがとても参考になる。ただし、それ以前に地面反力を受け取ることができる足と地面反力を受け取ることができない足の問題を解決しなければはじまらない。地面反力を受け取ることができない足では、フォームや接地の調整ができない。リハビリは、足の機能回復訓練で地面反力を受け取ることができる足にする。そして、ターンオーバー動作訓練で軽やかな動作を身につけて無理なく走れるようにする。

個別指導は、バレエのつま先立ちの調整を行った。鎌足は長母趾伸筋と長趾伸筋の作用が不十分な足。つま先立ちは、これらの筋が正確に作用するMP関節の運動方向へ綺麗に立つことが大切。外反母趾の足は、これらができていない。各足指の所有感覚、運動方向を整えて、つま先から姿勢を並べる。バレエ動作には股割り動作が直結する。股関節が滑らかに動く条件を整え、正確に股割り動作を行うことが大切。

 

 

続きを読む≫ 2018/11/12 18:35:12 レポート

11月10日、大阪・構造動作トレーニングワークショップのレポート。今回は、新刊「指先から身体を整える」の内容の実習、足指から股関節を活性化するためのトレーニングをおこなった。

午前は、新刊「指先から身体を整える」のチェックシートをもとに手足の機能状態を確認し、その機能回復訓練を実習した。参加者のほとんどは、自身の手足の機能状態がじゅうぶんでないことを実感できた。自分が思っていることと、実際とはズレがある。例えば、自分の足の指は、しっかり地面を捉えている、と思っていても実際には、浮いていたり、寝ていたりとしっかり捉えられていないことが多い。そのため、足を挫きやすかったり、外反母趾という状態が目の前にあるのだ。

身体の機能が低下している状態では、それをどこかで補い動作をしている。その補っているものが、身体が疲れやすい、足、腰、肩が痛い、など心身に不調を起こしてくるのだ。心身の不調の原因は様々だが、身体の機能低下は原因の一つだと考えられる。自分の身体の機能状態を確認し把握することは、とても重要なことだ。仮に、自分の身体の機能状態が把握できてない状態で続けていたとしたら、治らないことに不安を感じたり、再発を繰り返したり、悪循環に陥る可能性が高くなる。自分の身体の機能状態を把握して、自分が思っていることと実際におきているズレを修正していくことこそがリハビリなのだ。



手足の関節可動域を細かく確認していく。指節間関節の屈曲角度を確認していくと、関節の運動方向に誤りがある場合が多い。自分では当たり前になっていて気づかない。指摘されてはじめて、自分が思っていることと実際のズレに気づく。それは、癖という言葉で置き換えられることが多い、指の関節の間違った運動方向が、不調の原因になることがあるので注意したい。



夏に足を骨折された参加者が、まだ足をかばって日常生活を続けていた。病院ではリハビリの指示がなかったのか、足の指は少しずつ動かしているものの、自己判断では動かすことが恐いそうだ。確かに、知識と経験がなければ自己判断で行うリハビリは難しい。骨折の予防、骨折後のリハビリの対策として、自分の手足の正常な可動域を指標にできる状態が理想だ。



午後は、股関節トレーニングをおこなった。まずは、牧神の蹄を使って足から股関節のつながりをつくる。午前におこなった指の機能回復訓練の効果が持続しているおかげで、足と股関節のつながりが良好。

つづいて開脚をする。股関節の位置を確認して、足関節の底背屈を無理なくおこなえる開脚幅にする。骨盤の位置はトライアングルベースを確認し、できるかぎり恥骨側でポジションをキープする。腕の位置が高くならないように、重心を前方へ移動させ、股関節を動かしていく。

股関節を動かす、ということはとても難しいこと。自分は股関節を動かしていると思っていたが、実際は股関節が動いておらず、股関節を動かしているつもりだった、ということが多い。開脚をして前屈をする股割り動作は、股関節の動きの確認、可動域訓練に適したトレーニングだと思う。

この日参加されたプロダンサーの女性と一般の主婦の方が、ポジションを覚える度に股関節の動きが滑らかになっていった。股関節の可動域は個人差が大きいが、正しく運動をおこなえばトレーニング効果は高い。逆に股割りをしていても一向に効果が上がらないという人は、正しく運動をおこなえていないと考えるとよい。股関節を動かすためには、そのための条件を整えること。そうすれば、次のステージが待ってます!

 

 

続きを読む≫ 2018/11/12 17:10:12 レポート

新刊「指先から身体を整える」(春秋社)が店頭に並び始めた。Amazonで購入された方は、発売日前日に届いて既に読了。出版記念講座では「指先から身体を整える」で紹介している実践・リハビリトレーニングを流れよくおこなうことができた。

早くも感想をいただいています。

「病気になる前の状態に戻ることが100%の回復ではない、病気になる前の状態よりも、もっと自分の身体を確実に感じ、動く状態がある。リハビリトレーニングは自分の身体を100%機能させること」??感動なくして読み進めません! 線引きまくりです??素晴らしい!

ありがとうございます!



東京・股関節トレーニングワークショップは、股関節の屈曲、外旋、外転の可動域を高めるための末端ワーク、スクワット、股割りトレーニングをした。股関節の可動域を上げるためには、末端の機能がそれにともなう必要がある。例えば、外反母趾がある機能状態では、股関節の外旋可動域を広げることはできない。一般の方は、股関節と外反母趾が別物と考え、股関節のアプローチにがんばっているが、思うような効果がでていない。末端から運動と感覚を見直していくことが、股関節のステップアップには必要だ。



個人指導ではバレエのコンビネーションの調整をした。

1)片脚立ちでルルベからアテールに降りてフォンデュ

 

2)トウシューズを履いて、片脚立ちでオンポイントからドゥミを通過してアテールに降りてフォンデュ

これらの基本は、つま先立ちにある。末節骨から基節骨までを、しっかり接地キープし、中足骨を立てる。つま先立ち接地の質を高めていくことが重要。



絶賛発売中! 【新刊情報】中村考宏 著『指先から身体を整える: 機能回復のための所有感覚メソッド』筋力も体力も関係ない。「末端」の感覚を高めれば身体は甦る。身体各部の骨格ポジションを整え、全身がつながりを取り戻すことで回復力の高い身体を手に入れる方法。

 

続きを読む≫ 2018/08/31 17:12:31 レポート

7月はとにかくバタバタしたが無事、新刊も校了した。スタッフと打ち上げの予定は諸事情でキャンセル。夜は、技アリ企画「Takahiroラボ」で所有感覚メソッドの足のアプローチを紹介。

翌日は、台風12号の影響で雨。昼から夜までは、技アリ企画「しゃがむ力(スクワット)、足指から股割り」で末端から股関節、体幹の調整をした。身体の機能回復の原則は、末端からアプローチする。手足の機能低下は想像以上に著しく、講座参加者も、自分ができないことの多さを実感する。大切なことは、自分の現状を知ることから始まる。そのうえで、できないことをできるようにしていくのが、機能回復訓練なのだ。

日曜日は、朝から快晴。東京・股関節トレーニングワークショップは、お天気と同様に爽やかな気分で望むことができた。「股関節で立つ」「股関節で座る」を意識していた参加者たちは、後重心の姿勢で股関節運動にブレーキをかけていた。股関節運動のブレーキになっている原因を解決するために、股関節と体幹の位置を検証し、中間重心の姿勢に調整する。中間重心の姿勢では、股関節のブレーキが解除され、次の動作へただちに移ることができる。さらに、股関節の運動を円滑にするためには、末端の機能回復が欠かせない。新刊の紹介も兼ねて所有感覚メソッドの末端ワークに取り組んだ。



ワークショップ終了、Sさんから「 本日も、ご指導ありがとうございました。 気持ちばかり焦り、行動が伴いませんが、少しずつでも進歩出来るよう、精進致します。 」とメッセージをいただいた。トップアスリートに限らず、一般の健康的にみえる人たちでも、機能が低下している身体の部位はたくさんある。焦ったところで、すぐに元通りできるものではない。これからの未来に、自分にとって必要な機能の回復を優先的に行い、いまよりも快適に日常生活を送れるようにすることが大切だと思う。ですから、焦らず、ともに精進しましょう!



個別指導では、バレエダンサーのつま先立ち姿勢の重心位置調整をおこなった。つま先立ち姿勢の重心位置の理想は、中間重心で、いわゆる骨で立つといわれる。中間重心にない姿勢では、動作の際に筋肉を酷使することになる。さらに、パフォーマンスへの影響が大きく、滑らかな動作は望めない。中間重心の姿勢に必要なのは、安定した土台。基底面積を広く接地するために、趾骨を最大限に床に接触させる必要がある。精密な調整が要求されるトレーニングだが、ものにしてほしい。

 

 

続きを読む≫ 2018/07/31 10:47:31 レポート

新刊のタイトルは「指先から身体を整える 機能回復のための所有感覚メソッド」(春秋社)に決まった。先週末からは、最後の校正で校了間際バタバタしている。そんな中、名古屋の股割り練習会、関西の股関節トレーニングワークショップなどで、新刊の宣伝をしつつ指先から股関節のアプローチで身体を整えた。



NHK梅田教室は、満席、教室が熱気ムンムン。足指アプローチの細かな解説などは、教室の後の生徒さんがしっかり見えない状況。アシスタントのよし子が、所狭しとフル稼働でフォローしてくれた。

春に参加された80代女性が、「浮き指が治ってきた」と報告してくれた。浮き指は使っていない足指だといえる。浮き指のアプローチは、足指の機能回復と機能的肢位を獲得することで改善する。年齢は、関係ないことを実感した。



大阪の女性で名古屋までよし子の個別指導に通われている方がある。今回初めてお会いしたが、真面目に自分の身体と向き合われている印象を受けた。関西の常連さんたちも身体の変化を報告してくれたが、何事も成果を出すためには積み重ねが必要なのだ。


講座・ワークショップ≫≫≫

 

 

 

続きを読む≫ 2018/07/25 17:47:25 レポート

 
トップページ セミナー プロフィール お問合せ